ねじとボックスドライバー(電子回路接続学科) - 電子回路接続技能士になろう! by ikeちゃん

ねじとボックスドライバー(電子回路接続学科)

電子回路接続技能検定試験 


学科試験用
ねじとボックスドライバーについて


ねじは、頭の部分と軸の部分とがあります。

頭部分のサイズを基準寸法と言います。 

軸部分のサイズをM(mm)で表しています。
・M4のネジと言うと、軸部分が4mmであることを表しています。
・そのあとに続く×10は、軸部分の長さ(10mm)を表しています。

使用するボックスドライバの二面幅(基準寸法)とねじを対応させると以下の様になります。

M2 4.0mm M3 5.5mm M4 7.0mm M5 8.0mm M6 10.0mm M8 13.0mm M10 17.0mm

M3を例にとると、頭のサイズが5.5mm 軸のサイズが3mmとなります。

M3のネジを締める時には、5.5mmのボックスドライバーを使用します。



スポンサーリンク

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


電子機器組立技能検定 認定通信教育講座

  • 学科試験が免除になります
Copyright © 電子回路接続技能士になろう! by ikeちゃん All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。