圧着端子を取り付けるケーブルの切り分け及び圧着イメージについて(電子回路接続実技) - 電子回路接続技能士になろう! by ikeちゃん

圧着端子を取り付けるケーブルの切り分け及び圧着イメージについて(電子回路接続実技)

電子回路接続技能検定試験


圧着端子を取り付けるケーブルの切り分け及び、圧着イメージについて

(1)圧着端子を取り付ける線材は、11本必要となります。
赤色太ケーブルは、120mmを3本作成します。
緑色太ケーブルは、120mmを1本・80mmを1本・70mmを1本作成します。
赤色細ケーブルは、60mmを4本作成します。
黒色細ケーブルは、60mmを1本作成します。
被覆の両端をすべて5mmづつ剥きます。
ケーブル1.JPG


(2)線材の圧着箇所
@ 120mmのものの両端に小さい圧着端子(赤太×3本・緑太×1本)
A 80mmのもの片端に大きい圧着端子片端に小さい圧着端子(緑太×1本)
B 70mmのもの片端に大きい圧着端子片端に小さい圧着端子(緑太×1本)
C 60mmのもの片端だけに、小さい圧着端子(赤細×4本・黒細×1本)
ケーブル2.JPG



スポンサーリンク

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


電子機器組立技能検定 認定通信教育講座

  • 学科試験が免除になります
Copyright © 電子回路接続技能士になろう! by ikeちゃん All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。